風況観測トップ > 風況観測・風況精査 > キャリブレーションレポート

キャリブレーションレポート

今後しばらくしてから、すべてのNRG風速センサー#40は風洞で検定され、個別に検定証書(Calibration Report)が発行されます。

従来は印刷されたキャリブレーションレポートが各キャリブレーション付風速センサーに付属していましたが、すべての風速センサーについて次のように変更されます。
  • キャリブレーションレポートに替わり変換式パラメータのみが記載されたステッカーが各風速センサーに付属
  • キャリブレーションレポートは専用ウェブサイトからいつでも誰でも何度でもダウンロードが可能

入手方法

個別のシリアル番号を確認のうえ次のウェブサイトからダウンロードしてください。
ダウンロードされたファイルはZIP形式で圧縮されています。

http://enecafe.com/interdomain/idfukyo/calibration.htm

次はキャリブレーションレポートの実物サンプルです。

変換式 = Calibration Transfer Finction

風速センサーからの出力信号ωを、目的の風速値υに変換する場合、一般的に次の線形の変換式を用います。NRG風速センサー#40も同様です。

υ=aω+b

パラメータaがScale、bがOffsetです。 NRG風速センサー#40では出力信号の周波数ω(単位:ヘルツ=周波数/秒)に対して風速単位がm/sの場合、標準の変換式は次の通りです。

υ=0.765ω+0.35

今後はすべての風速センサーに、それぞれ固有のパラメータ(Scale と Offset)が与えられます。

2007年9月

風況観測